カウンセリングでうつ病を克服する

うつの薬について

うつに効く薬を開発する企業の現在の取り組み方

 うつの症状を抑えるために用いる薬としては抗うつ剤はよく知られています。抗うつ剤は日夜製薬会社などが研究開発をして新しい抗うつ剤が比較的多く出てきています。抗うつ剤には厄介なところがあり、副作用が出やすい点については開発された当初からネックになっていました。  しかし最近の製薬会社の研究においては副作用をできるだけ抑えながらうつを治そうという考え方のもとで開発を重ねていますので、一時期よりは副作用が出にくくなったことで服用しやすくなってきています。  また最近の研究においては抗うつ剤にはうつの症状以外にも様々な不安障害に対して効き目があることが徐々にわかってきています。ただし、それを医師や薬剤師が上手く使いこなしていけるかどうかに今後のうつ病治療の成果が左右されるともいえます。

抗うつ剤の利用方法及び気をつけるべきこと

 抗うつ剤の購入方法としては、薬局で精神科などの医師から処方された抗うつ剤を購入する方法が一般的です。国内で未承認の医薬品の場合は自己責任において通信販売で輸入することも一つの方法となります。しかし、その場合は基本的に日本国内では責任が取れる状態ではないことを意識する必要があります。  抗うつ剤は服用してからしばらくしたら計画的に増量する必要がありますが、効き目がないからといって多剤併用をするケースがあります。しかし、無計画に併用することはかえって身体や心にダメージを負わせる可能性もありますので併用することは禁止事項といえます。できれば医師の指示に従った上で抗うつ剤を使用するほうがよく、また医師のほうも抗うつ剤の併用については気を配る必要があります。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)とは

抗うつ剤のひとつである選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、ベルギーの医薬品メーカー、ソルベイが開発したもので、日本国内では、バロキセチン、フルボキサミン、セルトラリンの3種の薬剤が使用されている。 うつ症状では、脳内で快楽を感じるときに生成される神経伝達物質セロトニンが減少する傾向にあるが、SSRIは、このセロトニンの減少を抑制する効果がある。 使用方法は、少量から投薬を開始し、治療状態を確認しながら1、2週間ごとに投薬量を増量していく。そのため、効果があらわれるまで5、6週間と、他の抗うつ剤と比較しおそい。また、費用が高いなども短所である。 長所は、比較的副作用が少ないので、継続的に服用が可能で、薬の依存性も少ない。そのため、抗うつ剤の第一選択薬として医療機関で使用されるケースが多い。

ページの上部へ