カウンセリングでうつ病を克服する

処方について

抗うつ剤の処方について

抗うつ剤は一般的な薬局で購入することはできません。必ず医者の処方箋がなければ購入することができないのです。このような規定がされているのには理由があります。抗うつ剤は扱うことが難しいからなのです。扱いが難しいとは、薬の副作用が強いことも意味します。ですから、心療内科の先生にきちんと商法の方法を聞くようにしてください。そして、その用法や容量等のルールをきちんと守ることが重要なのです。もしも間違った服用を繰り返してしまうと、副作用が出てしまう恐れがあります。また、正しい容量を守っていても頭痛がしたり腹痛が起きるなど、いつもと違う様子が見られたらすぐに薬を処方してくれた医者に相談するようにしてください。

うつ病の治療費用について

うつ病の治療を行うには1回のカウンセリングあたり数千円程度の費用がかかります。また、薬を飲む場合には薬代も変わってきますので注意が必要です。しかしながら、カウンセリングを繰り返していくことによってうつ病は必ず治りますから、この費用負担がずっと続くと言うわけではありません。ですから、うつ病が完治するまでにしっかりと抗うつ剤を服用してください。そのことによって、自分の体調は良くなることに気づくはずです。また、抗うつ剤を飲んでいてもなかなか治らなかったり、副作用の疑いがある場合には必ず医師に相談してください。このような過程を通じて、うつ病の治療は行われていくのです。抗うつ剤は副作用が現れやすいので関心を払いつつつ、服用するようにすると良いでしょう。

ページの上部へ