カウンセリングでうつ病を克服する

うつの薬について

うつの症状を抑える薬として抗鬱剤がります。うつの症状を抑えるだけでなく副作用が出るものが多いです。近年は薬の研究開発が進んでおり、副作用が少ないものも登場しています。今後更に有効な抗うつ剤が登場するでしょう。

Read More

抗うつ剤の服用について

抗うつ剤の服用をする前には、まず心療内科に行きましょう。副作用のリスクも有りますので、医師の指導を守って服用するようにしましょう。自己判断で薬の服用を止めるといった行動でうつ病の症状が悪化することもあります。

Read More

処方について

うつ病の症状に効果がある抗鬱剤ですが、一般的な薬局で手に入れる事はできません。医師の診断を受けて、処方箋を貰う必要があります。医師の診察や用法用量の指導が無いまま飲むのは大変危険です。

Read More

薬の副作用

薬は病気を治すのに適しているものですが、副作用がある薬もあります。抗うつ剤を使用する場合は、副作用を理解しておくことが大切です。

 薬の効果と副作用について

うつ病の薬物治療には、主に抗うつ剤が使われます。 抗うつ剤は飲みはじめの1〜2週間くらいは効果を感じることがないのですが、服用を続けていくうちに効いてきて、症状の改善につながる薬です。 副作用で吐き気がでることがありますが、これは飲みはじめの時期にでるもので、そのうちなくなることがほとんどです。 またこちらも飲みはじめの時期にイライラして攻撃的になったり、死にたいと強く思うようになったりと、一見うつ病が悪化したような症状がでる人もいます。 薬の副作用か見極めるためにも、そのような症状がでたら、医師に相談し、抗うつ剤の量を調整するなどして、長期に安全に服用していくことが大切です。 抗うつ剤は正しく服用すれば、うつ病にはとても効果のある薬なのです。

抗うつ剤の種類と注意点

抗うつ剤の種類には、開発された古いものからいうと、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAの5種類あります。 新しく開発されたものは、古いものにくらべると、効果が高く、副作用が少ないのが特徴です。しかし、人によっては、昔に開発された薬のほうが効く人もいます。費用も三環系、四環系にあたる薬のほうが安く、患者の金銭的な負担を減らすことができます。 抗うつ剤を服用し、症状が改善してきても、まだ完全に治ったわけではありません。自己判断で服用を中止することは絶対にやめましょう。急に服用をやめると、顔にしびれがでたり、めまいや耳鳴りなどの不快な症状がでることがあります。 そのような症状をださないために、回復に向かっている時は、医師の指示に従い少しずつ薬の量を減らしていきましょう。

心療内科での治療について

心療内科で治療を受けるにあたってどのような授業が行われているのかを把握するようにしてください。どのような治療が行われているのかを把握することによって屋することなく心療内科に通うことができるのです。何も知らない状態のままで通うよりも、どのようなことが行われるのかを把握したうえで心療内科に通うとよいでしょう。そのほうが精神的にも落ち着くことができます。まず、インターネットから心療内科に関する情報を得るようにしてください。心療内科がインターネット上に公開しているコーポレートサイトがありますのでそこから診療に関する実績などを調べるようにすると良いでしょう。診察内容についても解説されている場合があります。

今後のうつ病治療について

うつ病治療についてはさまざまな研究がなされています。したがって、現在のうつ病治療が最高の治療と言うわけではなくなるかもしれません。今後、画期的なうつ病治療方法が開発されれば、その方法でうつ病を治す人が増えてくるでしょう。現在では抗うつ剤を服用することによってうつ病治療を行うケースが多いのですが、将来的には抗うつ剤を服用しなくてもうつ病治療が女子れるようになるかもしれません。もちろん、抗うつ剤の有用性は確認されていますので、現在すでに抗うつ剤を服用している人は医師の指示に従って治療を続けるようにしてください。自分の判断で抗うつ剤の服用を止める事はしない方が得策です。完治を目指して治療を続けるようにしてください。

うつ病の治療に使われる抗うつ剤

うつ病の治療には、精神療法と薬剤療法がある。この薬剤療法に用いられている精神科の薬のことを抗うつ剤という。 抗うつ剤には、うつ病の症状である暗い気分や不安感を軽減させる効果があるが、服用しはじめてから効果があらわれるまで2、3週間の期間を要するので、気長に治療することが必要となる。 また、自己判断で服用をつづけたりやめたりすると、うつ症状を悪化させる原因となるので、医師と相談し服用期間を決定することが大切である。 抗うつ剤の代表的な種類としては、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動薬(NaSSA)がある。

うつになったら

ストレスなどが原因でうつ病になります。何事にも意欲が沸かなくなります。休養を取りながら抗うつ剤を服用するのが大切です。抗うつ剤を服用する金銭がない場合は自立支援利用精度を活用しましょう。

Read More

うつ病の救世主

うつ病になってから、改善することが出来なかったが抗うつ剤を飲むことで症状を緩和することができている。副作用などもあるが、飲んでいる間症状を抑える事ができるので仕事に取り組むことができている。

Read More

ページの上部へ